噴火のことと火山の職場について勉学をした

噴火と火山の事例について実践しました。さまざまな噴火と火山の流れがあります。おもに玄武岩で、流れやすい溶岩流の爆発は、たて状火山といいます。ハワイマウナロアがその症例だ。おもに安山岩で火山灰・火山弾・溶岩が交互に積み重なって円すい流れになるのは、成層火山といいます。富士山、浅間山、那須岳、御岳山がその症例だ。浅くて巨大なマグマですまりから噴火が起こり、できた空洞に山頂部が落ち込み、くぼむのはカルデラといいます。阿蘇山、箱根山、十和田湖、洞爺湖がその症例だ。地中水の豊富な場所にマグマが上昇すると芽生えるのは、湯煙沸騰といいます。1888階級の磐梯山の噴火と、三原山の1986階級の噴火がその症例だ。おもに流紋岩で、なかば固まった溶岩と大量の火山灰や軽石を爆発するのは、溶岩円頂丘といいます。昭和新山、有珠山がその症例だ。火山の形のことは久しぶりに勉強したので、懐かしかっただ。また勉強したいなと思いました。http://www.specialkiss.net/